ジェルネイルはどれくらいの期間もつの? 付け替えのタイミングはいつ?



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルネイルはどれくらいの期間もつの? 付け替えのタイミングはいつ?


ジェルネイルはどれくらいの期間もつの? 付け替えのタイミングはいつ?
ジェルネイルのメリットの

1つとして、マニキュアに比べ、

はげにくいという点が挙げられます。



では、ジェルネイルは

一体どれくらいの期間

もつものなのでしょうか?



また、付け替えは

どのタイミングで行えば

良いのでしょうか?



今回はジェルネイルがもつ期間と

付け替えのタイミングについて、

ご紹介いたします。








ジェルネイルはどれくらいの期間もつ?



マニキュアが2~3日間

くらいしかもたないのに対し、

ジェルネイルは

2~3週間もちます。



ただし、

プレパレーション(下準備)を

きちんと行い、リフトなどが

起こらないことが前提


の期間となります。








ジェルネイルの付け替えはいつすれば良いの?


ジェルネイルはどれくらいの期間もつの? 付け替えのタイミングはいつ?
では、

ジェルネイルの付け替えは、

どのタイミングで

すれば良いのでしょうか?



一番良いタイミングは

地爪が伸び始めて、

ジェルネイルと地爪の隙間が

開いてきた頃でしょう。



2~3週間という期間が

一般的な付け替えの目安になります。



ちなみに、一番良いタイミングと

されているのが

3週間です。



ジェルネイルは頻繁に付け替えると

爪の負担になってしまいますので、

2週間よりは3週間で

付け替える方が良い
と言われています。



ジェルネイルの付け替えは

早すぎても遅すぎても、

ジェルネイルアレルギーや

グリーンネイルなどのトラブルに

あいやすくなってしまう
ので、

爪のコンディションを見ながら、

付け替えを行うようにしましょう。








ジェルネイルを長くもたせるにはどうすればいい?



ジェルネイルがもつ

2~3週間以上、ジェルネイルを

もたせる方法もあります。



それがお直しです。

お気に入りのデザインだったり、

ネイルサロンに行く時間が

取れなかったりしたときは、

自分でお直しをすると良いでしょう。



このとき、

ジェルネイルの施術をするときと

同じだけの道具が必要になります。



ですから、お直しをする際は

セルフジェルネイルのキットなど

道具を一式購入しなければなりません。



お直しは、爪が伸び始めて、

地爪とジェルネイルの

隙間が出来たら、

地爪部分から根元付近の

ジェルネイルにサンディングをし、

その部分にジェルを塗って、

さらに全体にジェルを薄く塗り直す


ジェルネイルを2~3週間以上

もたせることが可能です。



ただし、地爪が伸びるということは、

ジェルネイル部分の長さも

出るということです。



あまりにジェルネイル(地爪を含む)が

長くなってしまうと、

日常生活で邪魔になってしまうことも

あるでしょう。



また、ジェルネイルを

長くもたせすぎるのも

爪には良くありません。



ですから、

お直しは1度くらいにして

オフをし、地爪のケアをするのが

オススメ
です。



そうすることで、地爪の状態も

確認することが出来るため、

グリーンネイルなどのトラブルが

起こっている場合、

手遅れにならず

気が付くことが出来ます。



ただお直しには

長持ちさせる以外にも

利点があります。



ジェルネイルの施術と

オフを繰り返すと、

爪に負担がかかってしまうので、

爪への負担を減らすという意味では、

ジェルネイルを長くもたせる以外にも

良い面があると言えるのです。



また、お直しでは、

ただ地爪とジェルネイルの隙間を

埋めるだけでなく、アートを追加したり

カラーを追加する方法もあるので、

自分にあった方法でお直しをして、

同じジェルネイルで

2度楽しむことも出来ます。








ジェルネイルを付け替えるときに気を付けた方がいいこととは?



ジェルネイルを付け替えるときに

気を付けたいことは、出来るだけ爪に

負担をかけないように

付け替える
ということです。



ジェルネイルの施術には

サンディングはつきものです。



そのため、ジェルネイルを何度も

繰り返していると、

どうしても爪がどんどん薄くなって

いってしまいます。



爪が薄くなりすぎたり、

ボロボロになったりしてしまうと、

ジェルネイルを続けることが

難しくなってしまいます。



ですから、爪の健康の維持に

気を付けつつ、

ジェルネイルの付け替えを

するようにしましょう。



爪の健康を維持するためには、

オフしたあとの乾燥を防ぐために

ネイルオイルを塗ることが大切
です。



また、再度ジェルネイルの

施術をする際のプレパレーション

(下準備)でサンディングするときは

全体をまんべんなく削るのではなく、

リフトしやすい根元やサイド、

先端部分を中心にサンディングして、

爪自体が薄くなってしまわないように

する
といった対策を取るのも

良いでしょう。








おわりに


ジェルネイルはどれくらいの期間もつの? 付け替えのタイミングはいつ?
このように、ジェルネイルは

マニキュアに比べて長持ちしますが、

基本的には2~3週間で

付け替えをするのがベストです。



付け替えのタイミングを間違わなければ、

トラブルに遭う確率を

減らすことも出来ますし、

爪に無駄な負担をかけることも

減らすことが出来ます。



ジェルネイルを長くもたせたいという

気持ちもあるでしょうが、

爪の健康のためにもあまり長く

同じジェルネイルをつけずに、

良いタイミングでオフするように

心がけましょう。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー