ジェルネイルの硬化に使うライトはUV・LEDのどちらがいい?ワット数、硬化時間の違いは?



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルネイルの硬化に使うライトはUV・LEDのどちらがいい?ワット数、硬化時間の違いは?


ジェルネイルの硬化に使うライトはUV・LEDのどちらがいい?ワット数、硬化時間の違いは?
ジェルネイルを硬化する際には

必ずライトを使用します。

しかし、そのライトは

すべて同じだと思っていませんか?



実はジェルネイルを硬化するときに

使用するライトには、

UVライト

LEDライト

2種類があるのです。



では、一体この2種類のライトには

どのような違いがあるのでしょうか?



また、どちらのライトの方が

ジェルネイルにより

適しているのでしょうか?



今回はUVライトとLEDライトの

違いについて、ご紹介いたします。








UVライトとはどんなもの?



UVライト

ジェルを硬化させるのに必要な

ライトの1種です。



光には波長がありますが、

ライトにも同じように

波長が存在します。



UVライトの波長は、

約350~400nmです。



ジェルネイルの硬化に使用される

UVライトの場合、約365nmの

ものがメインとなります。



また、ジェルネイルの施術が

ネイルサロンで始まった当初、

主に使用されていたのも

UVライトでした。








LEDライトとはどんなもの?



LEDライト

ジェルを硬化させるのに必要な

ライトの1種です。



LEDライトの波長は

約385~415nmで、

400nm未満のものを

紫外線LED、

400nm以上のものを

可視光線LED


分けることが出来ます。



ちなみにジェルネイルの硬化に

使用されているLEDライトの場合、

400nm以上のものがメインです。



現在、UVライトからLEDライトに

変更しているネイルサロンも

増えつつあります。








UVライトとLEDライトの違いとは? 



UVライトとLEDライトには

さまざまな違いがあります。



まず、『硬化時間』

違いがあります。



UVライトは

2~3分
かかるのに対し、

LEDライトは主に

20~30秒
しかかかりません


(ただし、LEDの種類によっては

1分程度かかる場合もあります)。



UVライトとLEDライトには

このように差がありますが、

それはワット数や波長によって、

もたらされる違いです。



UVライトの場合、ワット数が

大きくなればなるほど

硬化時間が短くなります。



もちろん、ワット数が大きくなるから

と言って、人体に害はありません。



また、UVライトで日焼けをする

という噂もありますが、

日焼けをする心配もありません。



しかし、LEDライトの場合、

ワット数ではなく、波長で硬化時間に

違いがあらわれます。



もちろん、ワット数が

まったく関係ない

というわけではありません。



ですが、LEDライトは

波長が400nm未満の

紫外線LED、

400nm以上の可視光線LEDに

分かれており、この違いが

硬化時間の違いになるのです。



また『ライトの交換期間』

違いがあります。



UVライトは半年~1年

交換が必要なのに対し、

LEDは寿命が長い分、

UVライトに比べ、

短期間で交換をする必要がありません。








UVライトとLEDで迷ったら、どっちを選ぶと良い?


ジェルネイルの硬化に使うライトはUV・LEDのどちらがいい?ワット数、硬化時間の違いは?
UVライトと

LEDライトには、違いがあります。



UVライトとLEDライトで

迷ったときは、

硬化時間が短いのと

施術時間が短くなるという

メリットがあるので、

LEDライト

選ぶと良いでしょう。



また、ネイルサロンに通う場合は

特に気にすることはありませんが、

ライトの寿命のことを考えると、

セルフジェルネイルをする場合に

はLEDライトの方が

経済的であると言えるでしょう。



このように、UVライトよりも

LEDライトの方が

さまざまな点が優れていると言えます。








カラージェルによって硬化出来るものと出来ないものがあるって本当?



カラージェルには硬化に必要な

波長というものがあります。



カラージェルには大きく分けて、

『UVライトでしか

硬化しないジェル』

『LEDライトでしか

硬化しないジェル』

『UVライトでもLEDライトでも

硬化出来るジェル』

の3種類があります。



多くのジェルの場合、硬化する波長は

365~370nmなので、

UVライトで硬化させなければ

なりません。



これはなぜかというと、

今までジェルネイルを硬化させる際に

使用していたのが、

UVライトであったという

背景があるからです。



ですが、最近では徐々に

LEDライトが普及しているため、

UVライトでもLEDライトでも

硬化させることが出来る

ジェルの種類が増えつつ
あります。



また、UVライトでは硬化が出来ず、

LEDライトしか

硬化出来ないジェルも

販売され始めています。



カラージェルの種類においては、

UVライトの方が

選択肢は多いものの、

現在UVライトからLEDライトへの

移行期間にあるので、

やはり今後新たに購入を

考えている場合は、

LEDライトの方が

良いと言えるでしょう。



しかし、

ライトの移行期間にあるので、

さまざまなタイプのジェルがあるため、

使用したいカラージェルが

どちらのライトに適用しているものかを

知っておくことが大切です。








おわりに


ジェルネイルの硬化に使うライトはUV・LEDのどちらがいい?ワット数、硬化時間の違いは?
このようにUVライトと

LEDライトには、ジェルネイルを

硬化させることが出来るという

共通点はありますが、

硬化時間やライトの寿命など

さまざまな違いがあります。



それらの違いを把握した上で、

どちらのライトを使用している

ネイルサロンで施術を受けるか、

またセルフジェルネイルをする際は

どちらのライトを購入するかを

検討してみてはいかがでしょうか?



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー