アレルギーになる可能性も?ジェルネイルを安全に使うための注意点



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



アレルギーになる可能性も? ジェルネイルを安全に使うための注意点


アレルギーになる可能性も? ジェルネイルを安全に使うための注意点
昨今、ジェルネイル

誰でも楽しめるものとして

広まっています。



ネイルサロンには

若い方からお年を召した方まで

実に幅広い年齢層の

女性であふれています。



多くの方が楽しめているので、

あまり知られてはいないのですが、

実はジェルネイルで

アレルギー反応

起こしてしまうことがあります。



せっかく、オシャレを楽しむために

しているジェルネイルなのに

アレルギーで悩んでしまうのは、

とても残念なことですよね。



今回はジェルネイルを

安全に楽しむ際の注意点

ご紹介いたします。








ジェルネイルでアレルギーになるの?



個人の体質によりますが、

ジェルネイルで

アレルギーになることはあります。



症状としては『強いかゆみが出る』

『水泡が出来る』、

『赤くなってかぶれる』、

『指先がかさつく』

などといったものです。



ジェルネイルアレルギーと

呼ばれているものは、正式には

『接触性皮膚炎』という病気です。



接触性皮膚炎とは、外的刺激が原因で

肌にアレルギー反応を起こす病気です。



原因となった物質が接触した部位に

強いかゆみや湿疹を起こすのですが、

原因はさまざまであり、

症状により病名が細分化されている

病気でもあります。



この接触性皮膚炎を

ジェルネイルの施術をすることにより

引き起こす場合、一般的に

『ジェルネイルアレルギー』と

呼ばれています。







ジェルネイルでアレルギーになってしまったら、どうすればいい?


アレルギーになる可能性も? ジェルネイルを安全に使うための注意点
ジェルネイルで

アレルギーを起こしてしまった場合は、

どんなアレルギー物質に対しても

言えることがですが、

原因だと考えられる物質に

触れないことが大切です。



ジェルネイルアレルギーの原因として

考えられるものは、『ジェル』、

『プライマー(ハードジェルで

使用する爪とジェルを

接着しやすくするためのもの)』、



『ダスト(ジェルネイルを

オフするためのサンディングで

出るカス)』、



『アセトン(ジェルネイルを

オフするときに使用する

リムーバーに含まれる)』、



『エタノール(未硬化ジェルの

拭き取りに使用される)』、



『UⅤライトの紫外線』などが

考えられます。



もちろん、これ以外にも

原因がある場合もありますので、

安全を確保するためにも

きちんとアレルギー検査

受けてから

判断するようにしましょう。








ジェルネイルでアレルギーになってしまっても、ジェルネイルは出来る?



ジェルネイルでアレルギーを

起こしてしまっても、それぞれの原因に

合わせて対策を取ることが出来ます。



ただし、この対策には、

ジェルネイルアレルギーの原因が

なんであるかを突き止めておく

必要があります。



もし、何が原因かまで

わかっていない場合は、

すべてに気を付けることが大切です。



ジェルやプライマーが原因だと

考えられる場合は、

『指(爪の周り)に擦り傷や

切り傷などがあるときは施術しない』


ようにしましょう。



傷口からジェルやプライマーが

侵入するのを防ぐためです。



いくらジェルネイルをしたい場合でも、

ケガをしているときは

ジェルネイルの施術を

見送るように
しましょう。



ジェルが原因だと考えられる場合は、

『皮膚にジェルをつけたまま

放置しない』
ようにしましょう。



ジェルネイルの仕上げの工程にも

あるように、未硬化のジェルは

必ず拭き取る
ようにし、

爪以外に付着し硬化してしまった

ジェルもきちんとオフ
するように

しましょう。



ただし、エタノールが原因の場合は、

ジェル自体が皮膚につかないよう

細心の注意を払う必要があります。



プライマーが原因だと考えられる場合は、

『プライマーを使用しない』

ようにしましょう。



プライマーは、爪とジェルの接着を

促進し、ジェルネイルを長持ち

させるために使用するもので、

必ずしも使用しなければならない

というものではありません。



ですから、アレルギーが疑われるときは

使用しないことが一番です。



ダストが原因だと考えられる場合は、

『ネイルをオフするときには

マスクをする』
ようにしましょう。



これはジェルネイルをオフするときに

舞うダストを吸引してしまうことを

防ぐために行います。



UVライトが原因だと考えられる場合は、

『可視光線のLEDライトを使用する』

ようにしましょう。


ジェルネイルの種類にもよりますが、

ジェルを硬化することが出来る

ライトには、UVライトとLEDライト

(紫外線と可視光線のものに分かれる)

が原因の場合は、可視光線に分類される

LEDライトを

使用するようにしましょう。



このように、アレルギーに

なってしまったとしても、

原因さえわかれば、ジェルネイルを

やめることなく続けることが可能です。



ただし、安全面を考慮し、

病院で受診し、医師の診断には

従うようにしてください。








おわりに


アレルギーになる可能性も? ジェルネイルを安全に使うための注意点
ジェルネイルは

オシャレの1つとして

人気があるものですが、

場合によっては危険なアレルギーを

起こしてしまうこともあります。



アレルギーはある日突然

なってしまうことが多く、

事前に防ぐことはなかなか難しいのが

現状です。



そして、一度なってしまったら、

現代の医学では完治させることは

不可能です。



ですから、万が一、

ジェルネイルアレルギーに

なってしまったとしても、

自分で対応を判断するのではなく、

きちんと病院で受診し、

医師の判断を仰いで、安全に気を付けて

ジェルネイルを楽しむようにしましょう。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー