ゴム手袋がヒント!?水仕事が多くてもジェルネイルを長持ちさせるテクニック



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ゴム手袋がヒント!?水仕事が多くてもジェルネイルを長持ちさせるテクニック


ゴム手袋がヒント!? 水仕事が多くてもジェルネイルを長持ちさせるテクニック
ジェルネイルは基本的に

2~3週間もちます。



これはきちんとした

プレパレーション(下準備)を

行っていることが前提で、

リフト

(ジェルネイルが浮きあがること)を

していないことが条件となります。



しかし、マニキュアに比べ、

ジェルネイルの持ちが

いくら良いと言っても、

日々の家事などの水仕事

剥がれてしまうこともあります。



では、どうしたら、水仕事をしながら

ジェルネイルを

長持ちさせることが

出来るのでしょうか? 



今回は水仕事が多くても

ジェルネイルを長持ちさせる

テクニックについて、

ご紹介いたします。








ジェルネイルは水仕事に弱い?



ジェルネイルは

マニキュアに比べて、長く持つことは

よく知られていますが、

剥がれにくいというだけであり、

必ずしも剥がれないというものでは

ありません。



ジェルネイルは水に弱い性質があり、

家事などで水仕事を多くこなす方は

水仕事をしていない人に比べ、

剥がれやすくなってしまいます。



また、ジェルネイルは水だけでなく、

お湯にも弱い
ので、

食器洗いの際に

お湯を使用したり、半身浴などで

長風呂をしたりするときにも

注意が必要です。








水仕事が多くても、ジェルネイルを長持ちさせる方法とは?


ゴム手袋がヒント!? 水仕事が多くてもジェルネイルを長持ちさせるテクニック
水仕事が多くても、

ジェルネイルを長持ちさせる方法は

いくつかあります。



まず、

『爪の先端のジェルを厚くすること』

です。



ジェルネイルは爪先から

剥がれやすいため、

エッジ(爪の先端)部分にも

ジェルを塗るのですが、

可能な範囲で爪の先端に

ジェルを厚く塗ることで

強化を図る
ことが出来ます。



次に

『ゴム手袋やビニール手袋を

つけること』
です。



水仕事をするときは、

ゴム手袋やビニール手袋をし、

ジェルネイルを保護するように

しましょう。



ジェルネイルを長い時間、

水にさらさないようにすることが

大切なので
、もっとも有効な方法

であると言えます。



また、水以外にも

漂白剤やアルコール除菌剤にも

ジェルネイルは弱いので、

それらを防ぐためにも

ゴム手袋やビニール手袋をつけるのは

良い方法です。



水仕事以外にも、

漂白剤やアルコール除菌剤を使う

家事のときは、

ゴム手袋やビニール手袋を

つける習慣があると良いでしょう。



また、

『水やお湯に強いジェルを使用する』

という方法もあります。



現在、さほどメジャーなものでは

ありませんが、

通常のジェルネイルより

水やお湯に強いとうたわれている

ジェルもあります。



そういったジェルを使用した

ジェルネイルを施すのも良いでしょう。



また、

『こまめな保湿をすること』

大切です。



保湿はハンドクリームを

爪まで塗ったり、

ネイルオイルを塗ったりするなど、

簡単に行うことが出来ます。



その他、

『トップコートを塗ること』

有効です。



「ジェルネイルに

トップコートを塗るの?」と

不思議に思われる方も

いらっしゃるかもしれません。



しかし、トップコートを塗ることで、

ジェルネイルの補強が出来るため、

リフトやヒビ割れ、

ツヤがなくなり始めたときの

ツヤ出しなど、さまざまな効果を

得ることが出来ます。



あまり頻繁に行う必要は

ありませんが、気になったときに

適宜行うようにしましょう。



また、『半身浴をするときは

手をお湯につけないこと』
も大切です。



ジェルネイルはお湯にも弱いので、

長時間お湯につけておくことは

オススメ出来ません。



ですから、半身浴をするときは、

必ずバスタブから手を出して

半身浴をするようにしましょう。








水仕事が多くても、ジェルネイルを長持ちさせるのに便利なアイテムとは?



水仕事が多くても、

ジェルネイルを長持ちさせるのに

便利なアイテムは、

いくつかあります。



まず、『ゴム手袋』や『ビニール手袋』

など手に直接装着し、

水からジェルネイルを守る

アイテムです。



これらは100円ショップや

ホームセンターなどで

安く購入することが出来るので、

使い込んでも買い替えやすく、

取り入れやすいアイテムだと

言えるでしょう。



次に保湿をするための

『ハンドクリーム』や

『ネイルオイル』
です。



ジェルネイルを長持ちさせるには、

セルフケアが大切です。



その中でも保湿は簡単に出来ますし、

効果も高いので

ぜひ取り入れてみましょう。



また、ジェルネイルの

補強が出来るため、

リフトやヒビ割れ、

ツヤがなくなり始めたときの

ツヤ出しなどが出来る

『トップコート』

用意しておくと良いでしょう。



100円ショップや

バラエティショップなどで

購入することが出来ます。



また、ジェルネイルのような

ツヤが出るとうたっている

商品もありますので、

自分の好みのトップコートを

使用しましょう。








おわりに


ゴム手袋がヒント!? 水仕事が多くてもジェルネイルを長持ちさせるテクニック
ジェルネイルは

水やお湯に弱いということを

知っておけば、

対策を万全にしておけば、

ジェルネイルを長持ちさせることが

出来ます。



手始めに、水仕事のときに

つけるだけで良いゴム手袋や

ビニール手袋を使うことから

始めてみてはいかがでしょうか?



ジェルネイルがいつまでも

キレイな状態をたもてると、

気分もあがってオススメです。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー