ジェルネイルキットでスカルプチュア(長さ出し)はできる?必要なものは? | ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルネイルキットでスカルプチュア(長さ出し)はできる?必要なものは?


ジェルネイルキットでスカルプチュア(長さ出し)はできる? 必要なものは?
ジェルネイルが流行る前、

ネイルの施術と言えば、

スカルプチュア

が主流でした。



スカルプチュアとは、

アクリルパウダーとアクリルリキッドを

混ぜて化学反応を起こし、

人工爪を

成形するタイプのネイル
です。



人工爪ということもあり、

長さは自由に調整出来るという

特徴があります。



では、ジェルネイルキットで

スカルプチュアのような

長さ出しをすることは

可能なのでしょうか?



また、長さ出しをするときには

何が必要なのでしょうか?



今回はジェルネイルキットで行う

長さ出しと

その際に必要なものについて、

ご紹介いたします。








ジェルネイルで長さだしは出来る?



ジェルネイルでの

長さ出しは可能です。



ただし、一般的にジェルネイルと

呼ばれているソフトジェル

(ソークジェル)ネイルは性質上、

爪の3分の1の長さまでしか

長さを出すことが出来ません




それ以上の長さを出したい場合、

ハードジェルなら爪の2分の1まで、

スカルプチュアなら

ハードジェル以上の長さを出すことも

可能です。



ハードジェルの場合、

ソフトジェル(ソークジェル)と

プレパレーション(下準備)や

ライトでの硬化など、施術方法は

ほぼ同じですが、ネイルのもつ期間と

オフの仕方が異なります。



また、スカルプチュアの場合は、

ジェルネイルとは、

性質も異なるため、

施術もオフにも違いがあります。



また、ハードジェルや

スカルプチュアは硬度があるため、

長さ出しに向いていますが、

ソフトジェル(ソークジェル)ネイルは

硬度がほとんどないので、

長さ出しには

向いているとはあまり言えません




ちなみにジェルで長さ出しを

行うことを『ジェルスカルプチュア』や

『ジェルスカルプ』と呼びます。








ジェルネイルキットで長さ出しをするときに必要なものとは?



ジェルネイルキットで

長さ出しをする場合、必要なものは、

『エメリーボード』、『ファイル』、

『エタノール』、『ネイルフォーム』

『ベースジェル』、

『エクステンションジェル』、

『カラージェル』、『トップジェル』、

『ブラシ』、

『UVライトまたはLEDライト』

などです。



基本的にジェルネイルキットは、

長さ出しをすることを

前提に作られていないため、

『ネイルフォーム』と

『エクステンションジェル』は

別途購入する必要
があります。








ジェルネイルキットを使用する場合、どうやって長さ出しをすればいい?


ジェルネイルキットでスカルプチュア(長さ出し)はできる? 必要なものは?
ジェルネイルキットを使用して

長さ出しをする場合、

プレパレーションはジェルネイルと

同様に行います。



プレパレーションを終えたら、

『ネイルフォーム』を手順に従って

組み立てます(ネイルフォームは

メーカーによって異なるため

説明に従って組み立てましょう)。



ネイルフォームを自分の爪の大きさに

合わせてハサミでカットしたら、

指に装着します。



このとき、隙間がないように

しっかりと装着する
ように

してください。



ネイルフォームを装着し終えたら、

地爪にベースジェルを塗り、

硬化します。



硬化が終わったら、

いよいよ長さ出しを行っていきます。



地爪からネイルフォームに向かって、

エクステンションジェルを

塗布していきます。



このとき、自分の好きな長さまで

エクステンションジェルを

ネイルフォームに乗せましょう。



このとき、『ハイポイント』

呼ばれる強度を上げる

(ジェルネイルが折れないようにする)

ため、地爪の一部に少し高さを出す

工程をしっかり行いましょう。



ハイポイントを作るか作らないかで

爪の強度に差が出来てしまいます。



こうして、長さと形が決まったら、

硬化します。



エクステンションジェルが硬化したら

ネイルフォームを外しましょう。



これでジェルスカルプチュアの

メイン作業は完了です。



きちんと長さを出したら、

エタノールを含ませたコットンで

未硬化ジェルを拭き取って
ください。



未硬化ジェルの拭き取りが終わったら、

ファイルで長さと形を整え、

サンディングをしましょう。



サンディング後は必ずダストを払い、

カラージェルを乗せ、硬化します。



このあとの工程は

一般的なジェルネイルと一緒で、

トップジェルを塗り、硬化したら、

未硬化ジェルを拭き取って、

ジェルスカルプチュアは完成です。



ジェルネイルで長さ出しをする場合の

ポイントは、

『ネイルフォームの

装着時に指との隙間を

作らないようにすること』


『ハイポイントをしっかり作ること』

です。



この2点がきちんと出来ていると、

失敗する可能性がぐっと下がります。








おわりに


ジェルネイルキットでスカルプチュア(長さ出し)はできる? 必要なものは?
ジェルネイルキットで

長さ出しをすることは可能です。



しかし、ジェルネイルで

長さ出しをする場合は、

地爪が割れてしまったり、

欠けてしまったりして、

他の爪の長さよりも

短くなったときに

行うと考えた方が良いでしょう。




スカルプチュアは人工爪で

硬度があるのに対し、ジェルネイルは

補強はされますが、

地爪が強化されるわけでも

硬度があるわけでもないからです。



それぞれの性質をよく知り、

目的にあったネイルを

選んでくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー