ジェルがドロドロに溶ける!?ジェルネイルキットの正しい保管方法



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルがドロドロに溶ける!?ジェルネイルキットの正しい保管方法


ジェルがドロドロに溶ける!? ジェルネイルキットの正しい保管方法
ジェルを保管するときは、

正しく保管しましょう。



正しく保管していないと、

ジェルの質の

悪化を招いてしまいます。



また、ジェルの質が

悪化してしまうことで、

ジェルの使用期限が極端に短く

なってしまうことがあります。



それ以外にも、容器をまっすぐにして

保管しておかないと、

容器からジェルが

漏れ出してしまうこともあります。



では、家でジェルを保管するときは、

どのようなことに

気を付ければ良いのでしょうか?



また、正しく保管しないとジェルは、

どうなってしまうのでしょうか?



今回はジェルの

正しい保管方法について、

ご紹介いたします。








ジェルは正しく保管しないと、ドロドロになるって本当?



ジェルは正しく保管しないと、

ドロドロになってしまうことが

あります。



その理由は、

『保管状態が悪い』

ことに尽きます。



ジェルは開封したときから、

すでに劣化が始まってしまうので、

いかに良い状態で保存するか


重要になってきます。








ジェルがドロドロになると、どのような問題が起きる?



ジェルがドロドロに

なってしまうと、

『塗りづらい』、

『硬化しづらくなる

(または硬化しない)』、

『変色する』などの問題が

生じてしまいます。



塗りづらい場合は、

どうにかジェルを使用することは

可能ですが、

硬化しづらく(硬化しなく)

なってしまったり、

変色してしまったりしたら、

そのジェルを使用することは

出来なくなってしまいます




そのため、ジェルがドロドロに

なってしまわないような対策を

取ることが一番大切です。








ジェルの正しい保管方法とは?


ジェルがドロドロに溶ける!? ジェルネイルキットの正しい保管方法
ジェルがUVライトで

硬化することからもわかるように、

性質上、紫外線や高温多湿な場所に

適していません。




ですから、紫外線を避け、

出来るだけ涼しい場所で

保管する
ようにしましょう。



また、ジェルは寒いところに置くと、

固まってしまうという

性質も持ち合わせています。



そのため、保管場所には

気を配る必要があります。



紫外線の当たる場所や

高温多湿な場所に置いた場合、

ジェルはドロドロになってしまい、

使えなくなってしまいます。



保管場所をよく考えて、

ジェルを管理するようにしましょう。



また、正しく保管していないと、

容器がベタベタしてしまうことが

あります。



これはジェルネイルの施術中に、

ブラシにジェルを適量乗せる際、

容器のフチでジェルを落とすことが

原因
です。



ジェルをフチで落とすときに

フチを汚してしまうのです。



ジェルをブラシに取るときは、

容器のフチで

ジェルを落とさないようにしましょう。



もし、フチを汚してしまった場合は、

ジェルネイルの施術が

終わったあとに、

エタノールを含ませたコットンで

容器をきちんと拭く
ことで

容器のベタベタを

防止することが出来ます。



これはジェルがドロドロになるのを

防ぐだけでなく、容器についたジェルが

固まってしまい、ジェルの容器が

開かなくなってしまうのを

防ぐ目的もあります。



ただし、エタノールは

ジェルを劣化させてしまう性質を

持っているので、エタノールがジェルに

入ったり、触れたりしないように

気を付けましょう




また、ジェルの容器の蓋を閉める前に

アルミホイルやサランラップを

内蓋としてかぶせてから閉める


ジェルを長持ち

させることが出来ます。



このお手製の内蓋をかぶせるという

ひと手間はかかりますが、

ジェルを運ぶときにジェルが漏れない

というメリットもあります。



ですから、ジェルを運ばなければ

ならなくなったときにも

役立つ裏ワザです。








ジェルの保管にオススメ! あると便利なアイテムとは?



ジェルを保管するときは、

ジェルの容器の高さに合わせた

ケースやトレー、フードコンテナ

などに入れるのがオススメ
です。



ジェルの容器の高さに合わせた

ケースなどに入れることで、

ジェルの容器が倒れるのを

防ぐことが出来ます。



ジェルの種類が多い場合は、

透明なケースを選ぶと

使用したいジェルを探しやすいので、

自分の使いやすいケースなどを

選ぶと良いでしょう。



また、ジェル自体を保存するための

専用ケース
というものもあります。



カラージェルはカラー同士を混ぜ、

自分好みのカラーを

作ることが出来ます。



そうやって自分で作った

カラージェルを保存するのは

なかなか難しく、使い切るか

余ったカラージェルを

捨てなければならないと

思われがちです。



しかし、この保存するための

専用ケースに自分で作った

カラージェルを入れることにより、

保管が可能になります。



カラージェルを混ぜて、自分の好みの

カラーを作りたい方には、

このような専用ケースの

使用がオススメです。








おわりに


ジェルがドロドロに溶ける!? ジェルネイルキットの正しい保管方法
せっかく、気に入って購入した

ジェルが正しい保管を

なされないせいで、

さまざまなトラブルに見舞われ、

使用することが

出来なくなってしまうのは

とても残念なことです。



しかし、細心の注意を払い、

正しく保管することで、

ジェルを良い状態にたもつことは

出来ます。



ですから、少しでも長く

ジェルを使えるように

正しい保管を心がけましょう。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー