セルフジェルネイルに必要な道具とそれぞれの使い方



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



セルフジェルネイルに必要なものとそれぞれの使い方


セルフジェルネイルに必要なものとそれぞれの使い方
ジェルネイルが一般的になった

昨今、

セルフジェルネイル

トレンドになり始めています。



初期投資は必要ですが、

ネイルサロンに行くよりも安価に

楽しむことが出来て、お直しも

可能になり、自分の好きなときに

施術が出来るという、

まさに良いことづくしです。



では、

セルフジェルネイルをするにあたり、

どのような準備をすれば

良いのでしょうか?



今回はセルフジェルネイルに

必要なものとその使い方について、

ご紹介いたします。








セルフジェルネイルに必要なものとは?


セルフジェルネイルに必要なものとそれぞれの使い方
セルフジェルネイルの施術には、

色々な道具が必要です。



どのような道具が必要かというと、

  • エメリーボード

  • ファイル

  • ジスポンジバッファ

  • メタルプッシャー

  • ブラシ

  • ベースジェル

  • カラージェル

  • トップジェル

  • エタノール

  • UVライトまたはLEDライト

  • クレンザー

  • ジェルネイルリムーバー

  • コットン

  • アルミホイル

  • ウッドスティック

  • ネイルオイル


です。



また、これらを詰め合わせた

セルフジェルネイルの

スターターキット

販売されています

(ただし、スターターキットの内容は

メーカーによって異なるので、

入っているものと

入っていないものがあります)。








セルフジェルネイルに必要なものは、どうやって使うの?



では、

セルフジェルネイルに必要なものは、

どのように使えば良いのでしょうか?



まず『エメリーボード』ですが、

爪の形を整えるのに使用します。



爪切りで爪を切るのが

当然だと思われがちではありますが、

爪は爪切りで切るよりも

エメリーボードで削る方が

割れなどを防ぐことが出来る
ので

ジェルネイルを日常的に行う場合は、

エメリーボードで爪を削る方が

オススメです。



次に『ファイル』

『スポンジバッファ』ですが、

これらは爪の表面を削るときに

使用します。



目的はジェルネイルを施術するときに

プレパレーション(下準備)として、

またジェルネイルをオフするときに

ジェルネイルリムーバーを

爪によくしみ込ませるためです。



『メタルプッシャー』

甘皮処理で使用します。



甘皮処理の出来が

ジェルネイルの仕上がりを左右する


と言っても過言ではありませんので、

使いやすいものを

用意すると良いでしょう。



『ブラシ』はベースジェル、

カラージェル、トップジェルを

塗るために使用します。



ブラシはジェルごとに用意しておくと

カラーが混ざることなく


使用出来るので良いでしょう。



『ベースジェル』

プレパレーションが終わったあと、

ブラシで塗ります。



ネイルラッカーのベースコートと

同じ位置づけで、

爪の表面のボコボコを平にしたり、

カラージェルのノリをよくしたり

するために必要です。



『カラージェル』

ベースジェルを硬化したあと、

ブラシで塗ります。



慣れてきたら、カラーを混ぜたり、

アートをしたりすると良いでしょう。



『トップジェル』

カラージェルを硬化したあと、

ブラシで塗ります。



ネイルラッカーのトップコートと

同じ役割を持っていて、

ジェルネイルをツヤツヤに

するためには重要です。



どのジェルもかき混ぜて

沈殿を解消してから

使用するようにしましょう。



『エタノール』は道具の消毒や

未硬化ジェルの拭き取りに使用します。



『UVライトまたはLEDライト』

ジェルを硬化させるのに必要です。


ジェルの種類に合わせて、

UVライトまたはLEDライトで

硬化させます。


また、ライトによって、

硬化時間は異なります。



ジェルネイルが流行し始めた頃は

UVライトが主流でしたが、現

在ではLEDライトが

主流になりつつあります。



新しく購入する方には、

LEDライトがオススメ
です。



『クレンザー』

ジェルで汚れたブラシの

洗浄に使用します。



『ジェルネイルリムーバー』、

『コットン』、『アルミホイル』、

『ウッドスティック』


ジェルネイルをオフするときに

使用します。



ファイルでジェルネイルの

表面を削ったら、

コットンにジェルネイルリムーバーを

含ませて、爪に巻き付けます。



その上からカットしたアルミホイルを

巻いて約15分待ちましょう。



約15分経ったら、アルミホイルと

コットンを外し、

浮き上がったジェルネイルを

ウッドスティックで

優しく押し上げながら、

慎重に剥がしていきます。



すべてのオフ作業が終わったら、

『ネイルオイル』を塗って、

爪を乾燥から保護しましょう。



また、『ウッドスティック』は

ジェルを塗っているときに

はみ出したジェルを

取り除くのにも使用します。



このようにして、

さまざまな道具を使い、

セルフジェルネイルの施術と

オフをするのです。








おわりに


セルフジェルネイルに必要なものとそれぞれの使い方
いかがでしたでしょうか?

セルフジェルネイルは初期投資が

必要ではありますが、

ネイルサロンに行かなくても、

十分楽しむことが出来ます。



ネイルサロンで気分転換を兼ねて

施術してもらうのも良いですが、

セルフジェルネイルで節約しつつ、

家にいるときの隙間時間で

ジェルネイルを楽しむのも

オススメです。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー