コツを掴めば怖くない◎爪を傷めない&ネイルを長持ちさせるサンディングの仕方



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



コツを掴めば怖くない◎爪を傷めない&ネイルを長持ちさせるサンディングの仕方


コツを掴めば怖くない◎爪を傷めない&ネイルを長持ちさせるサンディングの仕方
ジェルネイルの施術前の

プレパレーション(下準備)のときと、

ジェルネイルをオフするときに必要な

工程として

サンディングがあります。



このサンディングは難しく、

初心者ではなかなか上手に行うことが

出来ずに悩む方も

多いのではないでしょうか?



しかし、実はこのサンディングは

コツさえ掴めれば、簡単・上手に

行うことが出来るのです。


今回はジェルネイルに必須な

サンディングについて、

ご紹介いたします。








ジェルネイルに必要なサンディングってなに?



サンディングとは、

爪の表面をファイルや

スポンジバッファ

削ることを言います。



サンディングすることにより、

爪の表面にはたくさんの小さなキズ

が出来ます。



「爪を傷めてしまうのでは?」と

不安になる方も

いらっしゃるでしょう。



しかし、適当なサンディングは、

ジェルネイルの施術をする上で

必要不可欠
です。



爪に小さなキズをつけることで、

爪にジェルを定着させやすくし、

ジェルネイルが

浮きあがってしまうのを防ぎ
ます。








サンディングに必要なものは?



サンディングをするときは、

ファイルやスポンジバッファを

使用します。



ジェルネイルの施術前の

プレパレーションのときの

サンディングでは、ジェルによって、

ファイルやスポンジバッファの

グリッド(粗さ)が指定されているので、

その指示に従って、

グリッドの合った

ファイルかスポンジバッファかを

選択
します。



ちなみにファイルより

スポンジバッファの方が爪を深くまで

キズつけにくいので、サンディングに

不慣れな場合は、

失敗する可能性が

低くなるのでスポンジバッファを

選択する
と良いでしょう。








サンディングのやり方とは?



サンディングをするときは、

ファイルまたはスポンジバッファを

人差し指と親指で固定し、

軽く上下に動かします。



このとき、力を入れ過ぎてしまうと、

必要以上に爪の表面にキズが

ついてしまうので、

軽く行うことがポイントです



また、爪の表面だけでなく、

サイドも忘れずに

しっかりサンディングしましょう。



特に爪の根元にある甘皮やサイドか

らジェルネイルは浮きやすいので、

そこを中心にサンディング
することが

大切です。



ちなみにファイルは

スポンジバッファよりも力が

入りやすいので、

ファイルを使用する場合は、

スポンジバッファを

使用するときよりも

軽くサンディングすることが

ポイントです。








サンディングで気を付けるべきこととは?



サンディングのとき、

気を付けなければならないことは、

『爪の表面を削りすぎない

ということです。



爪の表面を削りすぎてしまうと、

『爪が薄くなる』、

『爪が割れやすくなる』、

『爪が欠けやすくなる』、

『ライトで硬化するときに痛みが出る』

などジェルネイルの施術をするときや

施術したあとに不便が出てしまいます。



ジェルネイルの施術前の

プレパレーションとして

サンディングを行うときは、

サンディングをしすぎないために

細かいファイルやスポンジバッファを

使用する
ようにしましょう。



また、それとは反対に

ジェルネイルをオフするときは、

ジェルネイルリムーバーを

浸透しやすくするため、

粗めのファイルやスポンジバッファを

使用する
ようにしましょう。



オフするときはジェルネイルを

削りすぎないように注意が必要です。



削りすぎてしまうということは、

一緒に爪を削ってしまう

ということです。

これでは爪を傷めてしまいます。



このように、ジェルネイルの

プレパレーションのときも

オフするときも、

サンディングをするときは、

削りすぎないように

しなければなりません。



爪が薄くなったり、

割れやすくなったりすると、

ジェルネイルは長持ちしなくなって

しまう
のです。



ですから、ジェルネイルを

長持ちさせるためにも


爪の表面を削りすぎないように

気を付けましょう。








これで安心! サンディングのコツとは?


コツを掴めば怖くない◎爪を傷めない&ネイルを長持ちさせるサンディングの仕方
まず、1つ目のコツは、

削りすぎない

ように気を付けること』

です。



これには慣れが必要ですが、

一気に削らず、

慎重に徐々に削るようにしましょう。



2つ目のコツは

爪の根元の甘皮部分

サイドだけ

サンディングすること』です。



ジェルネイルが浮いてしまうのは、

爪の根元の甘皮部分やサイドからです。



ですから、

浮いてしまいやすい部分だけを

サンディングし、他の部分は

削らない
という方法を取ることで

爪に起こるさまざまなトラブルを

回避することが出来ます。



3つ目のコツは

サンディング不要の

ジェル
を使用すること』です。



これは『ノンサンディングジェル』

と呼ばれる種類のものです。



本来、爪の表面を削らないと

ジェルネイルが剥がれやすくなったり、

乗らなかったりするため、

正確な施術は不可能ですが、

このノンサンディングジェルを

使用すると、爪の表面を削らなくても

ジェルネイルの施術が可能になります。



ただし、ノンサンディングジェルを

使用したから、必ずしも爪が

傷まないというわけではありません。




ノンサンディングジェルにも

さまざまな種類があるので、

用法や成分をしっかりと確認し、

爪に負担のかからないものを

選ぶ必要があります。








おわりに


コツを掴めば怖くない◎爪を傷めない&ネイルを長持ちさせるサンディングの仕方
このようにサンディングは

コツさえ掴めば、

簡単に行うことが出来ます。



サンディングが

上手に出来るようになれば、

爪を傷めることもなく、ネイルを

長持ちさせることも可能です。



ぜひ、サンディングのコツを掴み、

楽しいジェルネイルライフ

を送ってくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー