ジェルネイルを塗った後にぽつぽつした気泡ができるときの原因と対策



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルネイルを塗った後にぽつぽつした気泡ができるときの原因と対策


ジェルネイルを塗った後にぽつぽつした気泡ができるときの原因と対策
ジェルを塗ったあと、

ぽつぽつした気泡

が入ってしまった

という経験をしたことがある人も

多いのではないでしょうか?



塗ったジェルに

ぽつぽつした気泡が入ったまま、

硬化してしまうと、ジェルネイルが

キレイに仕上がりません。



では、ぽつぽつした気泡が入るのは

なぜでしょうか?

また、入らないようにするためには

どうすれば良いのでしょうか?



今回はぽつぽつした気泡が

出来てしまう原因と対策について、

ご紹介いたします。








ジェルを塗ったときに気泡が入ってしまうのは、なぜ?



ジェルを塗ったときに

気泡が入ってしまうことには、

いくつかの原因が考えられます。



それは、

  • ジェルを勢いよくかき混ぜている

  • ブラシにジェルを取るとき、何度もすくってしまっている

  • ジェルを塗るとき、何度もブラシを動かしてしまっている

  • パーツを使用している

などです。








ジェルを塗ったときに気泡が入らないように、すべきこととは?


ジェルネイルを塗った後にぽつぽつした気泡ができるときの原因と対策
では、ジェルを塗ったときに

気泡が入らないようにするには、

どうしたら良いのでしょうか?



それぞれ気を付けるべきことは、

原因によって異なります。



まず、

『ジェルを勢いよくかき混ぜている』

場合は、

気泡が入ってしまわないように

ゆっくりとかき混ぜる


ようにしましょう。



ジェルは沈殿を解消するために、

かき混ぜる必要があります。



特にカラージェルの場合は、

沈殿が原因で

かき混ぜることによって、

本来のカラーになることもあります。



ですから、しっかりかき混ぜることは

大切な工程の1つでもあります

(ただし、かき混ぜ不要のものも

あります)。



また、かき混ぜるときは、

ジェルを塗るときに使用する

ブラシや爪楊枝などで

混ぜるのではなく

専用のネイルスティックを

使用するようにすると、

気泡が入りづらくなります




『ブラシにジェルを取るとき、

何度もすくってしまっている』場合は

必要な分量を

最小回数ですくう
ようにしましょう。



実際、適正な分量を

最小回数ですくうには

慣れが必要です。



ジェルを塗るときに

難しいことの1つが

この適量をすくうことなのですが、

それは爪の大きさが

人によって異なるため、

「一概にこの量が適量です」と

言うことが出来ないからです。



そのため、

ジェルネイルの施術の回数を

重ねていくことで、

自分の爪に合った

ジェルの量を

知っていくしかありません。



また、ジェルをすくうときは、

ゆっくりと静かに行う


ようにしましょう。



かき混ぜるときに

気泡が出来ていなくても、

勢いよくすくってしまったり、

何度もすくってしまっていたりすると

ジェルをすくうときに

気泡が出来てしまうことがあるので

注意が必要です。



『ジェルを塗るとき、何度も

ブラシを動かしてしまっている』場合

ブラシの使い方を見直しましょう。



ブラシにジェルを適量取り、

中央に乗せたら、

根元から爪先まで塗ります。



その次にサイドを塗り、

最後にエッジを塗って、

ジェルの塗りは完了です。



このとき、少ない回数で

ムラなく塗ると、

何度もブラシを動かさずに

塗ることが出来ます。



ムラが目立ち、何度もブラシを

動かしたくなってしまったら、

約30秒待ち
ましょう。



約30秒の間に『セルフレベリング』

という重力によって

平らになる現象が起きます。



それでも平らならない場合は、

ムラをなくすように

ブラシを動かします。



その際は、優しくブラシを動かして、

気泡が出来ないように

気を付けましょう。



『パーツを使用している』場合は、

ジェルが上手くパーツに乗らず、

気泡が出来てしまうことがあります。



このような場合は、気泡が入るのを

避けるのは難しいので、

出来た気泡を

あとで消す
方が良いでしょう。








気を付けていても、ぽつぽつした気泡が出来てしまったら、どうすればいい?



いくら慎重に

ジェルを扱っていても、

気泡が入ってしまうことはあります。



気泡が入ってしまった場合は、

そのまま硬化してはいけません。

硬化すると

やり直しが効かないからです。



ですから、ジェルを硬化する前に、

気泡はブラシを爪の先に

滑らせるように動かして消す


ようにしましょう。



このとき、気を付けるのは、

気泡を消そうと何度もブラシを

動かさないようにすることです。



もし、ブラシで気泡を消すのが

難しい場合は、爪楊枝で気泡を

潰す
ようにしましょう。



ただし、あまりにたくさんの

気泡が入ってしまった場合は、

未硬化ジェルと同じように、

エタノールを含ませたコットンで

気泡が入ってしまったジェルを

拭き取り、最初から塗り直す方が

オススメ
です。








おわりに


ジェルネイルを塗った後にぽつぽつした気泡ができるときの原因と対策
このように、

ジェルネイルをするときには、

ぽつぽつした気泡が

入ってしまうことがあります。



気泡が入ってしまわないように

気を付けることが

もっとも大切ですが、

気泡はあとからでも

消すことが可能です。



ですから、気泡が入ってしまったら、

焦らずにきちんと処理しましょう。



注意点に気を配り、

きちんと処理をすれば、

気泡が入ったとしても、

ジェルネイルを

キレイに仕上げることが出来ます。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー