ジェルネイルを硬化すると火傷したように痛いときの解決方法



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ジェルネイルを硬化すると火傷したように痛いときの解決方法


ジェルネイルを硬化すると火傷したように痛いときの解決方法
ジェルネイルの施術をする際に

ジェルをUVライトまたは

LEDライトで硬化していると、

火傷をしたような痛み

感じたことがある人も

いらっしゃるのではないでしょうか?



この火傷をしたような痛みには

原因があります。



では、このような痛みは

何が原因なのでしょうか?



また、痛みを感じないためには

どうしたら良いのでしょうか?



今回はジェルネイルを硬化するときの

火傷をしたような痛みの原因と

その対策について、ご紹介いたします。








ジェルを硬化するときのしくみとは?火傷をしたように痛いと感じるのはなぜ?



ジェルネイルのジェルを

硬化するとき、火傷をしたように

痛いと感じるのには、

きちんとした理由があります。



原因はジェルを硬化するときに生じる

『硬化熱』というものです。



ジェルが硬化するのは、

ジェルに含まれる光重合開始剤

(別名:フォトイニシエーター)が

紫外線や可視光線などの光を

吸収する
ことで起こります。



ちなみにUVライトと

一部LEDライトの光が紫外線、

LEDライトの多くが

可視光線で硬化します。



光重合開始剤は光を吸収すると、

ラジカル(別名:不対電子)などを

発生させ、重合(1種または

それ以上の単量体分子が2つ以上に

結合して、分子量の大きな化合物を

生成すること)をします。



この重合こそが、

硬化にあたります。



また、ラジカルが

重合するということから、

『ラジカル重合』

呼ばれることもあります。



ジェルが硬化するときには、

このようなしくみで

硬化熱が発生するため、

人によっては痛いと感じることが

あるのです。



また、ジェルネイルで使用する

ジェルの種類やライトの硬化時間の

違いによっても、

硬化熱の感じ方は異なります。



もちろん、個人差もありますから、

同じジェルやライトでも

痛みを感じる人と感じない人が

存在します。



ですから、

硬化熱が発生するからと言って、

一概に

『火傷のような痛みを必ず感じる』

とは言えません。




このほかの原因としては、

『爪の厚さ』や『ジェルの乗せすぎ』

などが考えられます。








ジェルを硬化するときに火傷をしたように痛いと感じないようにするためには、どうすればいい?


ジェルネイルを硬化すると火傷したように痛いときの解決方法
ジェルを硬化するときに

火傷をしたように痛いと

感じないようにするためには、

まず『ジェルの乗せすぎに注意』

することが大切です。



ジェルを乗せすぎてしまうと、

乗せた分だけ多くの硬化熱が

発生してしまいます。



そのため、熱を感じやすくなり、

火傷をしたように痛いと

感じてしまう
のです。



また、ジェルの乗せすぎにより、

硬化時間が長くなってしまい、

熱いと感じてしまうこともあります。



また、『ジェルやライトは

自分に合ったものを使用する』


ということも大切です。



ジェルはメーカーによって、

種類が異なります。



また、ジェルによって硬化するために

使用するライトもUVライトなのか

LEDライトなのかが異なるので、

ジェルやライトが原因で硬化熱を感じ

火傷のような痛みを伴うような場合は、

別のジェルやライトを

使用すると良いでしょう。



また、『爪の厚さが原因』

のこともあります。



爪を切っても

痛みを感じないことからも

わかるように、

爪には神経が通っていません。



ですから、爪自体が

傷みを感じているのではなく、

爪が薄い人の場合は

爪の下にある皮膚に

熱が伝わりやすいから

痛みを生じるのです。



そのため、爪が薄い人は

爪が熱い人よりも、硬化熱に敏感で

火傷のような痛みを

感じやすい
と言えます。



しかし、硬化熱を感じたからといって

施術を途中で

やめる必要はありません。



施術途中でこうした硬化熱による

火傷のような痛みを感じたら、

すぐに

ライトから指先を出すことが

ポイントです。



指先を出すことにより、

痛みが一度落ち着きます。



硬化熱は硬化することにより

発生する熱ですので、

一度熱が発生するとそれ以上の熱を

発生させることはありません




ですから、痛みが落ち着いたら、

きちんと硬化するまで

再度ライトに当てれば

無事硬化することが出来ます。

(場合によっては、数回出し入れを

繰り返す必要があることもあります)








爪だけじゃない!? 皮膚についたときこそ、硬化熱には要注意!



ジェルネイルの施術を

していると、爪だけではなく、

皮膚にジェルが付着してしまうことも

あるでしょう。



それをそのままにして

硬化してしまうと、火傷のような痛み

を感じるだけでなく、本当に

火傷をしてしまうことがあります




そのため、

ジェルが皮膚についたときは

硬化する前に必ず拭き取り、

ライトを当てないように

気を付けることが大切です。








おわりに


ジェルネイルを硬化すると火傷したように痛いときの解決方法
このように、

ジェルネイルの施術の1つである

ジェルの硬化に伴う

火傷のような痛みは

硬化熱で引き起こされます。



また、硬化熱は

さまざまな原因で起こるので、

痛いと感じたときは無理をせず、

その原因が何にあるのかを

きちんと把握するようにしましょう。



そして、正確な対策を取り、

痛みを感じないように

ジェルネイルを楽しんでくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー