日本製(国産)と海外製ジェルネイルの違い!質や発色が違うって本当?



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



日本製国産と海外製ジェルネイルの違い!質や発色が違うって本当?


日本製(国産)と海外製ジェルネイルの違い!質や発色が違うって本当?
ジェルネイルには

日本製

海外製のものが

存在しています。



ジェルネイルの発祥は、

日本ではなく、海外でした。



ソフトジェルの発祥地は

アフリカですが、

商品化を行ったのはアメリカだ

と言われています。



そして、アメリカで開発された

ジェルネイルは、日本に輸入され、

それまでメインで施術されてきた

スカルプチュアなどから

徐々にジェルネイルへと

移行していったのです。



では、日本製と海外製のジェルには、

一体どのような

違いがあるのでしょうか?



今回は日本製のジェルと

海外製のジェルの違いについて、

メリットやデメリットに

焦点を当てながらご紹介いたします。








日本製ジェルのメリットとデメリットとは?


日本製(国産)と海外製ジェルネイルの違い!質や発色が違うって本当?
日本製のジェルネイル

と言われるとき、

使用されているジェルは

日本が独自で設定した厳しい基準を

クリアしたもの
のことを指します。



日本の厳しい基準を

クリアしているか判断するのに

必要なのは、ジェルに

『化粧品登録ジェル』という

記載の有無です。



日本製と記載されていても、

海外製の原料を使用して

作られているものもあります


(その場合、日本製という

記載がされていても

充填だけが日本で行われたという

意味の場合があります)


ので、『化粧品登録ジェル』の

記載の有無を確認して、

純粋な日本製のジェルかどうかを

判断しましょう。



また、ジェルネイルは薬事法上

『化粧品』に分類されています



『化粧品登録ジェル』

という記載があるということは、

『化粧品』として

厚生労働省の認可がおりている

ということを示し
ます。



それだけ安全面において

優れているということなので、

この点は海外製のジェルネイルには

ないメリットだと言えます。



そのため、『化粧品登録ジェル』

という記載が重要なのです。



しかし、海外産のジェルネイルに

比べると、『価格が高い』という

デメリットもあります。








海外製のジェルネイルのメリットとデメリットとは?



海外製のジェルネイルと

一口に言っても、ジェルの生産国は

さまざまです。



海外製のジェルネイルの場合、

安全なものもありますが、

危険なものも存在していると

言わざるをえません。




なぜかというと、安全な海外製の

ジェルの場合は日本の厳しい基準を

クリアしていますが、

逆に危険な海外製のジェルの場合は

日本のその厳しい基準を

クリアしていないことが

多いからです。



危険な海外製のジェルで

ジェルネイルの施術した場合、

懸念されることとしては、

『ジェルネイルアレルギーを

発症しやすくなる』、

『グリーンネイルになることがある』

などの健康被害が出てしまうことです




このように、海外製のジェルで

ジェルネイルの施術する場合は、

細心の注意を払う必要があります。



危険なものもあるという

デメリットはあるものの、

『日本製に比べて価格が安い』という

メリットもあります。








日本製のジェルと海外製のジェルは質や発色が違う?



では、日本製のジェル

と海外製のジェルには、

質や発色の違いはあるのでしょうか?



ジェルのメーカーは国内・国外ともに

大変多く、すべてのジェルに

該当するわけではありませんが、

安価な海外製のジェルの場合、

発色が悪く、一度塗りで

きちんと本来のカラー出が

ないことがあります。




その場合、

ジェルを二度三度と塗り重ね、

硬化を繰り返さなければなりません。



硬化を繰り返すということは、

ジェルネイルに厚みが

出てしまいます。



そのため、

キレイな仕上がりにはなりません。



その他にも、乾きが悪かったり、

ジェルの質自体に問題があって

塗りづらいこともあります。



このように、発色が悪かったり、

乾きが悪かったりすると、

アートを施そうとした場合、

キレイにアートが

出来ないこともあります。



しかし、日本製のジェルの場合、

厳しい基準をクリアしているため、

このような問題は

ほぼ生じない
と言えます。



もちろん、

日本製のジェルの場合でも

『化粧品登録ジェル』と

記載のないものに関しては、

この限りではありません。



また、日本製のジェルでも

メーカーによっては

発色が異なりますので、

自分の好みにあったジェルを

選択する必要があります。



このように、日本製のジェルと

海外製のジェルには

さまざまな違いがあります。



海外産のジェルネイルのように、

健康面での危険が懸念されたり、

キレイな仕上がりに

ならなかったりするものは、

安価だからという理由だけで

使用するのはオススメ出来ません。




一度、

ジェルネイルアレルギーになると、

アレルギーを完治させる方法は

ありませんし、

グリーンネイルの治療も

時間がかかり大変です。



ですから、価格よりも安全性に

気を配る方が重要だと言えるでしょう。



そのため、

ジェルネイルの施術をする際は、

安全性が確保され、

仕上がりもキレイな

日本製のジェルネイル、

またはきちんと日本の厳しい基準を

クリアした海外産のジェルネイル


使用すると良いでしょう。








おわりに


日本製(国産)と海外製ジェルネイルの違い!質や発色が違うって本当?
ジェルネイルの

施術をするときは安全なジェルを

使用することによって、多くの場合、

トラブルを事前に

回避することが出来ます。



ジェルネイルの施術をするときは、

安全なジェルを使用するよう

心がけてくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー