深爪・短い爪でもジェルネイルはできる?爪を伸ばさないとできないの? | ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



深爪・短い爪でもジェルネイルはできる? 爪を伸ばさないとできないの?


深爪・短い爪でもジェルネイルはできる? 爪を伸ばさないとできないの?
マニキュアを楽しむ場合、

深爪や短い爪でも問題なく、

ネイルラッカーを塗ることが出来ます。



また、スカルプチュアのような

人工爪の場合、

地爪の長さは関係ありません。



ですが、ほとんどの場合、

地爪の長さのまま施術する

ジェルネイルは、深爪や短い爪だと

施術が出来ないと思われている方も

多くいらっしゃいます。



しかし、ジェルネイルの場合、

本当に深爪や短い爪でも

施術することは出来ないのでしょうか?



今回は深爪や短い爪のジェルネイルと

その楽しみ方や注意点について、

ご紹介いたします。








深爪や短い爪でもジェルネイルは出来るの?



深爪や短い爪でも

ジェルネイルをすることは可能です。



基本的にジェルネイルは

指先にケガや病気をしていなければ、

施術に問題はありません。



ジェルネイルはほとんどの場合、

地爪の長さのままで施術をします。



長さがほしい場合は、可能な限り、

地爪を伸ばしてから


ジェルネイルの施術をすると

良いでしょう。



しかし、すぐに施術を

しなければならないときは、

我慢してそのままの長さで

施術をするか、どうしても長さが

ほしい場合は

『ジェルスカルプチュア』と呼ばれる

長さ出し
をしてから、

ジェルネイルをするようにしましょう。








深爪や短い爪でジェルネイルをするときに、出来ないこととは?



深爪や短い爪でも

ジェルネイルをすることは出来ますが、

出来ない(難しい)ことがあります。



それは『エッジ(爪の先端)部分が

塗れない、または塗りにくい』


ということです。



ジェルを塗るときは、

爪の表面やサイドだけでなく、

エッジ部分にも塗って、

先端からジェルネイルが

剥がれてこないように
します。



ジェルネイルが剥がれてくることが

多い箇所が、エッジ部分だからです。



ですが、エッジ部分が

塗れないことにより、ジェルネイルが

剥がれやすくなってしまう可能性


高くなります。



塗りにくいだけの場合は、

ネイルサロンではあれば、

ネイリストさんがキレイに

塗ってくれますが、

セルフジェルネイルだと、

キレイに塗れず、

ジェルがはみ出してしまうことも

あるかもしれません。



もし、ジェルが皮膚についてしまった

場合は、そのまま硬化してしまうと

火傷をしてしまいますので、



必ずエタノールを含ませたコットンで

未硬化ジェルと同じように

拭き取るようにしましょう。








深爪や短い爪でもアートは出来る?



深爪や短い爪でも

アートをすることは可能です。



出来ないと思われがちですが、

深爪や短い爪でも

ラインストーンなどのパーツを

使用することも出来るので、

地爪が長い人と同じように

ジェルネイルを

楽しむことが出来ます。



また、ストライプ柄や逆フレンチ、

斜めのラインを

入れるデザインなどは、

爪を長く見せる視覚効果がある
ので、

爪が短いという悩みも

解消されるのでオススメです。



そのほか、深爪や短い爪だからこそ、

とてもかわいらしく

仕上がるデザインもあります。



長く伸ばす前に、

思い切ったホップなデザインや

ビビッドなカラーに

チャレンジしてみるのも良いでしょう。








ジェルネイルで、深爪矯正が出来るって本当?



深爪で悩む理由は、

『短く切ってしまう』、

『爪を噛んでしまう』

などさまざまです。



実はこうした深爪に悩む方のために

『深爪矯正』としてジェルネイルが

用いられる
ことがあります。



ジェルネイルでの深爪矯正には

いくつかの方法があります。



まず、『ジェルネイルで地爪を

コーティングする』
という方法です。



これは、ベースジェルと

トップジェルを塗布する方法で、

見た目には地爪が

ツヤツヤしているだけの

ように見えます。



この方法の目的は、

地爪をコーティングして

キレイに伸ばすことです。



ジェルネイルを繰り返すことで、

キレイに地爪を伸ばすことが

可能になります。



また、この方法であれば、

セルフジェルネイルの方でも

簡単にすることが出来ますので、

「ネイルサロンに行くのが

恥ずかしい……」と

思われている方には

オススメの方法です。



この他の方法としては、

『ジェルスカルプチュア』という

長さ出しがあります。



スカルプチュアは

人工爪の施術ですが、

ジェルネイルにもこれに似た

長さ出しの方法があるのです。



これはセルフジェルネイルでも

可能ですが、『ネイルフォーム』や

『エクステンションジェル』が

必要ですし、

施術自体も工程が増えるので、

一時的なジェルスカルプチュアでしたら、

ネイルサロンで施術をしてもらった方が

良いかもしれません。








おわりに


深爪・短い爪でもジェルネイルはできる? 爪を伸ばさないとできないの?
「深爪や短い爪だと

ジェルネイルが出来ない……」と思って、

ジェルネイルをあきらめてしまうのは

もったいないことです。



深爪や短い爪でもジェルネイルは

出来ますし、深爪で悩んでいる場合は

深爪矯正という

対処をすることも出来ます。



このように、ジェルネイルは指先に

ケガや病気さえしていなければ、

どんな爪にも施術することが可能な

オシャレだと言えます。



ぜひ、深爪や短い爪の人も

ジェルネイルに

チャレンジしてみてくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー