きれいな爪をキープ◎硬化したジェルネイルが縮むのを防ぐ方法



ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe
ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafe



きれいな爪をキープ◎硬化したジェルネイルが縮むのを防ぐ方法


きれいな爪をキープ◎硬化したジェルネイルが縮むのを防ぐ方法
プレパレーション(下準備)を

しっかりと行い、ジェルもキレイに

塗ることが出来て、

あとは硬化するだけとなれば、

ジェルネイルは

完成しているも同然です。



しかし、硬化するときに

失敗してしまうことがあります。



その原因はジェルネイルの硬化時に

起こってしまう縮みです。



では、ジェルネイルは

なぜ硬化するときに

縮んでしまうことがあるのでしょうか?



今回はジェルネイルが硬化するときに

縮んでしまうのを防ぐ方法について、

ご紹介いたします。








ジェルネイルは縮むことがあるって本当? その原因とは?



ジェルネイルは硬化するときに、

縮んでしまうことがあります。



この原因はさまざまで、


  • 油分が爪に残っている

  • サンディング(爪の表面を削ること)が不十分

  • ベースジェルにムラがある

  • ジェルの硬化に必要なライトを使用していない

  • ジェル自体がそもそも縮みやすい

  • 体調の変化


などが考えられます。



ジェルが縮む場合は、

これらの原因を突き止めることから

始めなければなりません。



根気よく、心当たりのものから

1つずつ解決方法を試していくことが

必要となります。








ジェルネイルを縮ませないためには、どうすればいい?


きれいな爪をキープ◎硬化したジェルネイルが縮むのを防ぐ方法
ジェルネイルを硬化するときに

縮んでしまうのを防ぐためには、

それぞれの原因に適応した

対策を実践しましょう。




まず、

『油分が爪に残っている』場合は、

しっかりと油分を拭き取り
ましょう。



油分をしっかりと拭き取ってから

ジェルを乗せることで、

ジェルの縮みを

回避することが出来ます。



ハンドクリームを

使用している場合は、

ハンドクリームに含まれる油分が

爪にも残ってしまうことがあります。



ハンドクリームを塗っているときは、

手をよくソープなどで洗ってから

プレパレーションを行う


ようにしましょう。



またプレパレーションをする際には、

油分を拭き取るために有効な

『プレプライマー』や

『無水エタノール』などを使用して、

しっかり拭き取るようにすることも

油分を爪に残さないためには重要です。



『サンディング

(爪の表面を削ること)が不十分』

な場合は、

サンディングをしっかり行う
ように

してください。



サンディングは爪に負担を

かけないように

気を付けなければならないため、

プレパレーションの中でも

難しい工程の1つです。



ですが、サンディングが

上手く出来ていないと

ジェルネイルが縮むだけでなく、

リフト

(ジェルネイルが浮きあがること)

などの原因に

繋がってしまうこともあります。




また、『ベースジェルにムラがある』

場合は、硬さや形など

ジェルネイルに適したブラシを

使用しているか、地爪のデコボコが

きちんと平に出来ているか
などを

見直してみましょう。



硬いブラシを使っていると、

ベースジェルに塗りムラが

出来やすくなってしまうのです。



ベースジェルがきちんと平らに

塗られていないと、カラージェルを

硬化したときに

ベースジェルの厚みのあるところに

引っ張られてしまい、

縮む原因となってしまいます。




『ジェルの硬化に必要なライトを

使用していない』
ことが

原因の場合もあります。



ライトのワット数や波長などは

ライトの種類によっても異なるため、

使用しているジェルとライトの

ワット数と波長が合致しているか

確認してみましょう。




『ジェル自体がそもそも縮みやすい』

場合は、『ジェルを購入し直す』


または

『硬化するときに1本ずつ硬化する』

ことで対応する
ことが出来ます。



せっかく購入したジェルを

購入し直すのは、

コストパフォーマンスを考えると

決してよくありません。



ですから、硬化するときに

指を1本ずつライトに入れて、

硬化する
という方法が現実的でしょう。



ジェル自体が縮みやすい原因として

考えられるのは、

『セルフレベリング』という重力で

自然とムラがなくなって

平らになる現象
(約30秒が必要)

の場合もあります。



セルフレベリングが原因の場合は、

セルフレベリングが

進み過ぎないうちに1本ずつ

硬化する
という方法が

有効であると言えるでしょう。



そして、意外に知られていないのが

『体調の変化』による

ジェルネイルの縮み
です。



妊娠しているときは

体温が高くなっているため、妊娠前は

縮まずに使用出来ていたジェルが

縮んでしまうことがあります。



また、

サプリメントや薬の服用が原因で

ジェルが縮んでしまうことも

あります。



今まで縮んでいなかったのに、

急にジェルが縮んでしまうように

なった場合は、サプリメントや

薬の服用を始めたかどうか

確認してみましょう。



このように、硬化するときに

ジェルが縮む原因は、

さまざまなものが考えられます。








おわりに


きれいな爪をキープ◎硬化したジェルネイルが縮むのを防ぐ方法
このように、ジェルネイルは

さまざまな原因によって、

硬化するときに

縮んでしまうことがあります。



また、ジェルの種類によって、

縮み方に差があるので、

自分と相性の良いジェルを探す

というのも

対策としては良いでしょう。



硬化するときに

縮んでしまわないように気を付けて、

ジェルネイルを楽しんでくださいね。



ジェルネイルキットおすすめランキングバナー
◆ジェルネイルキット特集◆

ジェルネイルキットおすすめランキング

人気のジェルネイルキットレビュー